桜ブローチ販売情報

3月11日に向けて、サクラフロントでは以下場所で桜ブローチを販売していく予定です。 【販売情報】 2月24日-26日: HYPER JAPAN 3月10日: Memorial Concert 3月11日: You are not forgotten ~One year on 3月11日: Bunkasai 3月11日: 葉加瀬太郎コンサート H.I.S ロンドン支店 ジャパングリーンメディカルセンター 販売情報は今後本エントリーにてアップデートしていく予定ですので、 またチェックしにきてください。

READ FULL ARTICLE

11カ月後

英デイリーメールが、震災から11ヶ月経った現地の写真をアップしています。 まだまだ苦しんでおられる方も多いでしょうが、 少しずつ着実に復興が進んでいる様子が伺えます。 http://www.dailymail.co.uk/news/article-2099811/Eleven-months-tsunami-earthquake-ravaged-Japan-new-pictures-incredible-progress-multi-billion-pound-clear-up.html     

READ FULL ARTICLE

Sakura Meeting 02/02

2月2日木曜日に、先週に引き続き作成会を行いました。 先週よりさらにボランティアの方々たちが増え、ブローチの個数も着々と増えて行っています。 また参加していただいた方々にもブローチをつけていただきました。 冬物のコートにキラリと桜が輝いています。 ご参加いただいた皆様ありがとうございました。 次回は2月9日(木)の開催予定です。 ご興味のある方はinfo@sakurafornt.org.ukまでぜひご連絡ください。

READ FULL ARTICLE

Sakura Meeting 25/01

昨日、ボランティアの方々に協力していただき、 桜ブローチと作成キットを制作しました。 おかげさまで、現在のブローチ数は300個以上。 きたる次の3月11日までに2000個を目標に作成を続けます。 サクラフロントでは、これから毎週木曜にブローチ作成会を行いますので、 ご興味ありましたらinfo@sakurafront.org.ukまでお気軽にご連絡ください。

READ FULL ARTICLE

Sakura Front got mentioned by Peter Gray

ヘアースタイリストとして世界的に有名なピーター・グレイさんに、 サクラフロントの活動についてMonoインタビューで紹介していただきました。 Our friend Peter Gray, one of the world’s leading hair stylist, mentioned Sakura Front in Mono.

READ FULL ARTICLE

Sakura Brooch in Tomioka

Tomioka Insideさんのご協力のおかげで、福島県富岡町へ桜ブローチを30個を送付しました。 そして、富岡町役場の方々に着けて頂きました。 プロジェクト発足から約9ヶ月、ようやく現地に桜ブローチが届きました。 これがロンドンからの応援メッセージとして受け入れてもらえると嬉しいです。 Thanks to Tomioka Inside, we sent 30 sakura brooched to Tomioka, Fukushima. And people working in the city hall wore our brooches! It’s been 9…

READ FULL ARTICLE

Behind the Scene: London Fashion Week

先日行われたロンドンファッション・ウィークで、モデルやスタイリストの方々に桜ブローチをつけてもらいました。 In London Fashion Week, models and stylists wore our sakura brooches! Thank you!   Photography by Aya Minobe

READ FULL ARTICLE

Paul Smith wears Sakura Brooch

Paul Smith   Peter Gray (Hair Stylist) ピーター・グレイさんのご協力のおかげで、ポール・スミスさんがサクラブローチをつけてくれました。 Thanks to Peter Gray, Paul Smith wore Sakura Brooch in London fashion week. Photography by Kell Mitchel

READ FULL ARTICLE